スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWでやりたいこと

気がつけばまたまた放置してましたね 笑

mixiで普段は日記を書いているこの自分がmixi以外で書きたい事を書くためのこのブログ。
色々あるけど時間が無くて...

さぁ、書いていきますよ!


ようやく自分もGWに突入できて嬉しいです。
ちょっとした帰省で北九州に居ます。

父親はというとまたCDを買っていました。
お金がないとか言っておいて自分だけちゃっかり楽しんじゃってw

見つけたのはQueenとDoobie Brothersの作品。

さっそくパソコンで聴いてみたのですが...


Queenはあの1981年発表のベスト盤。
世界で一番売れたアルバムに近年なったやつです。

それの2011年リマスター盤が先頃でまして、
それを父親が買っていたわけです。

せっかくなので聞き比べてみました。
自分が持っている曲と今回のベスト盤を。


そうしたらですね、
やっぱり音が違うんですね。スゴく微妙なんですけど。

どこがどう違うかはまぁ書きません 笑
こういうのはやっぱり自分で感じ取るのが一番!
言葉でぐだぐだ述べるのはあんまり好きではないですし。


一口にリマスターといっても色々と役割があるみたいで...

アナログ版のオリジナルアルバムをCDにするために行ったり、
ベスト盤を作る際に違うアルバムからそれぞれ曲を選んだ時に行ったり、
過去のCD作品を違う質感に再調整したり...

はたまた、オリジナルマスターテープからやり直したり、
プレスされた状態のものから行ったり。


行われる年代によって仕上がりも違うし。

これを聞き比べるのって面白い!

普段は何気なく聴いているし。
(音響を学ぶ人間としてはどうかなって思う時もあるけどw)

音楽の世界観や雰囲気も大切だけど、
とにかく音の事だけに集中してみるのもまた大事な気がしたり。


こんなことをじっくりやってみたいと今日思いましたとさ


あとは写真を撮ったり本を読んだり洋服を見に行ったり...

もちろんミキシングもね!

こんなことをやっていこうかと思います(^w^)




Somebody To Love/Queen

5th 「A Day At The Race」収録。
ゴスペル調の曲です。

彼ららしい分厚いコーラスとピアノによる伴奏ですね。
ロック!っていう感じじゃないですけど。

Queenじゃないと聴けない雰囲気に溢れてていいですね^^

僕は色んな雰囲気の楽曲を一枚のアルバムに作れるアーティストが好きなので。
あとは一つの楽器でも色んな奏法を用いて彩りを付けてくれる人とか。

この曲も美しいファルセット、力強い中盤の歌い方とか、
本当に様々な表情のヴォーカルが聴けて。
いやはや、うっとりしますね。


ではまた(^ω^)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。