スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What's HR/HM?

今日は友人のライブへ行ってまいりました。
定期的に行って雰囲気を吸収しておかないとね...

ギターのしょういちさんが新兵器、
BossのGT-10をぶちかましてましたね。

個人的に改めて空間系のエフェクトはBOSSは外せないと思いました。
特にコーラスは本家だけあって素晴らしかったなぁ。

ま、僕も近々ツインペダルシリーズのCE-20を購入しようかと画策中ですがね


でまぁ、友人のライブを見る度に
「よーし、俺はHR/HMをサークルで弾きたいなー」って思うんですが
先日のリトルダイスでの出演から
どんな風に曲を作るとそうなるのかって分からないんですよね。




まず一番やってみたいのは
やっぱりVan HalenとかMSGとか
ギターが主役のHRですね、やっぱり。

でもChain Reaction(サークルで組んでるバンド名)では
シンセサイザーとかふんだんに使えるから、
産業ロックとかメロディアス=ロックとかが良いね。
Journey、TOTO、そこらへん。


僕が思うに、王道HR/HMは各楽器が難しい。

それも地味に




いや、もちろん派手なテクニックもあるけど。

でも基本、そんな見るからに難しいとかじゃないです。


ただ単純に聞くとすごくカッコいいけど
いざ演奏者として弾いてみると難しさを痛感する...
そんなんが多いです。


おまけに基本ギター一人でリフ、ソロ、メロディを全てやるし。

リフだって単純にコードをチャカチャカするとか
低音弦でズンズン弾くだけじゃなく、
色んな基本技や和音スタイルを
さながら巧妙なジグソーパズルがごとくちりばめる。

時に適度な装飾も施して飽きさせない工夫も要るし。


ソロもやっぱり必須ですよ。
ギタリストとしての見せ場。

僕が好きなのは
アドリブであれ組み立てであれ
緩急がついてて起承転結がしっかりとあるソロ。

ずっと速弾きってわけじゃないけど
ここぞって時に怒濤のフルピッキングとか
滑らかなライトハンド奏法とか...





サークルライブでこういうスタイルを持つギタリストには
なかなかお目にかかれませんけど...


いや、やっぱり難しいんでしょうね
習得する事がかなりあるし。
まして大学からギター始める人間にはもうねww


それに今の音楽スタイルと合わない点もかなりあるし。
まずサークルライブで歪みをガンガンかける人ってあんま居ないし。
居ても大概激重いモダン=ヘヴィネスだったり。


ポップなロックから
もっと激しいの無いかな~とステップアップする時、
僕はHRでしたが
周りのみんなはパンクかヘヴィメタルですね(しかもかなり重い)。
素通りしちゃうみたいです。


おまけにちょっと古いやつだと...
70~90年代初頭とかマジで皆無だからねww

本当に俺は絶滅危惧種の音楽ジャンルを選んでるみたいです。


もっと上手く曲を作りたいんですけどねー。
やっぱリフにはかなりこだわりたいし、
ソロも今はしっかり組み立ててメロディアスに弾きたいし、

でもテクが十分じゃない

まぁ日々練習してますよ。
もう一度前に練習してた曲をコピー始めました。


いつか
自分のルーツになった曲を
打ち込み、ギター演奏、歌、ミックス等
全ての行程を自分でしたミニアルバムとかを
サークルで配布したいなー。

もちろんオリジナルももっと
自分のルーツである王道HR/HMに根ざした物を作りたい。

人に聴かせても良いだろうって段階にしてから
Chain Reactionとして他のメンバーと演奏したいですね。

僕は外でがんがんやるよりは、
時間掛けても良いから
サークル内でしっかりと演奏したいですね。

あくまで「趣味」としてとどめておきたいし。



でもやるからには真面目にね。


いやー、目標高いなーww


さて、明日は早速録音しよう
スポンサーサイト

チリもツモレバ山となる

今日は録音、進展しなかったなー。
昨日までに1番のギターは左右でとり終えてたので
まぁ良しとしましょう。


といっても、今のテイクが良いかって言われると
そうじゃないしね。
もう少し練習して本チャンを録りますよ。

一通り録音して、
アンプのセッティングとかしっかり決めておきたいですね。

メサ=ブギー&マーシャルを左右に振ってて
ソロはもちろん5150で

ただリズムギターはあんま変えないかもですね。


それよりも
演奏のヨレが少々大きいのでそこは練習を重ねんと
テイク重ねる前にねーww


...すいません、下らないですねw






じゃ、今日はアンプについて。

学生の身分とはいえ、やっぱギターを弾いてるからには
アンプとか買ってみたいよね。


一応、将来の希望とかありまして。

1:Marshall/Vintage Modern
これはマジで欲しい
3年ほど前に出た、JCMシリーズとは全く違う新しい機種。
使ってる真空管がいつものEL34ではなくKT66っていうのを使ってるみたいです。
雑誌等のレビューを見ると、
「60~70年代の有名ロックギタリストの使ってたマーシャルのゲインを上げ目に...」
って感じみたいですね。



すなわち、完全に僕のどストライクです




JVMシリーズと違ってかなりシンプルな構造です。
アンプで音をしっかり作っておいて、
あとはボリューム、トーン等のギター側の操作のみで操る感じがいいね

Whitesnakeのダグ=アルドリッチ
ポール=ギルバート
といったアーティストも最近使ってるからねー。


2:EVH/5150 ?
エドワード=ヴァン=ヘイレンのブランドより。
90年代始め、「最強の歪み」として発表されたPeavyの5150。
契約終了後、その5150という名前の使用権を貰い、
自信のブランド(Fender傘下)でのアンプにも冠しました。

独立3チャンネルと今風な機能です。
が、音はかなりのエディー風味。
ch.1はクランチ、ch.2がメインの歪み、ch.3がモダン=ヘヴィって感じ。

以前の5150はコード弾きの音の分離の良さと
粒の粗さが特徴でした。
コイツもそれを引き継いではいるけど
MIDを上げると音に張りが生まれて来るらしい...

初期の改造マーシャルを意識したんでしょうか?

あと真空管をパワー部、プリ部合わせて12本使ってるんだってww

ぜいたく!!



おっと、もうこんな時間。

曲の紹介はまた次回という事で!

mixiとはまた違う物を用意したいと思います。


では、おやすみなさい

宅録ハードロッカーの衝撃

リンク欄にちょくちょくと他の方のブログを紹介してあります(勝手に)。

という報告でした。


では本題。
今日ようやく注文してたドラム音源、
「EZ dorummer」がはるばるやってきましたー

18時~21時の時間指定で配達を頼んだら

21時きっかりに持ってきました

うずうずしてんだからさー、こっちはw


でまぁメーカーへの登録等の諸手続きを済ませて
お風呂に入り
やっとパソコンでいじれました。


まぁまだ2,3時間しか遊んでないですが





超リアルなこと





以前はSanple Tankという
IK Multimedia製のシンセ音源の中のドラム音源を使ってましたが
あまりに音がつまらないので、
せめてドラムだけでも良いのが欲しいなって思い
購入した次第です。


ちなみにギターアンプシミュレーターは
Amplitube 2です。
同じ会社です。

大学の友達に紹介してもらったI/Oの購入特典の一環で
手に入れました。


本当に驚きましたよ。
格段にリアルさが上がってます。
しかも画面にドラムセットが出てるので
イメージしやすい!


早速、オリジナル曲のドラムトラックに
使用しました。



実は密かに計画してることがありましてね。

大学の友人とか結構myspaceに音源をあげたりして
積極的に作品をあげてるので、

僕も近々myspaceを立ち上げようかなって思ってるんですよ。


特にDTM専門でやってる友達のように
一人で全ての楽器を担当して作曲するっていうのに
ちょっと感化されました。

その友達はシンセで全ての楽器をやってますが

僕はギタリストなので、
ギターは自分で弾いて
他のパートはソフト音源でって感じにしようと思ってます。


オリジナルは今のところ1曲を仕上げる予定で、

打ち込みとか編集の練習として
好きな曲を再現する形でアップもしたいなーって考えてます。

もちろんハードロックでww


こつこつやっていきましょうか





昨日友人に「ブログ見たよ」って言われて嬉しかったのですが、
その友達がmixiをやってないので
そこの日記で僕がやってる
「有名なHR/HMの曲の紹介&日記タイトルをその曲名の直訳にする」
っていうことを知ってもらえないので、

こっちでも曲を紹介しようと思います。


もちろん外部ブログなんで
ちょっとは詳しく書くつもりですよ。


http://www.youtube.com/watch?v=bI5eCEo_JLo

MSGのLooking For Loveです。

僕の尊敬するギタリスト、マイケル=シェンカーの名曲。

リフはかなりシンプルです。
パワーコード中心で。

この曲の見せ場はやっぱりソロですね。
特にエンディングへ向かう2回目のとこ

この人はかなり3連符を多用してきます。
ここのソロ部分ではさらにスキッピングも入れてきます。
ここはやっぱ難しいけど、
弾いてるとかなり楽しいですね。
リズム遊びのような感じで。

あとは1弦22フレットでのチョーキングですかね。
これが最大の「泣き要素」でしょうね。
おそらくマイケルは中指でやってますね。
時々超強引に中指でやる時もあるくらいだし。

マイケルはいくらワイルドな曲調でも
絶対にどこか紳士的というか、繊細さを感じるんですよ。
ちょっと他のギタリストと違いますねー。


ま、こんな感じです。
聴いてみてくれると嬉しいです。


じゃ、ギターを練習したいと思います


今月もお金を使いそうです

来る6月23日はちょっと注目です


JourneyのライブDVDとBon Joviの再発CDの発売でv^^v

いやー、またまたかぶってしまいましたよ。

前回CDを買ったときは
Scorpions,Asia,RATTの3枚やったんですが、
なんと発売日が同じ4月21日でして

いっぺんに欲しかったので、
お金を貯めて1ヶ月後に買いました。


今回はJourneyのライブDVDを優先しようかと...

アーネルの故郷、フィリピンのマニラでの映像です。


でもね、Bon Joviを軽視してる訳じゃないですよ。
全作品が再発売されるんですもの。

今はWild In The StreetsとNew Jerseyを持ってまして、
Keep The Faithを今回ちょっと狙ってる所です。

ちょっとBounce以降はなかなか手が出せない...

そうそう、Asiaも再発済みだしなー。



うわー、追いつかない


話しはライブDVDに戻しまして...


今手元にあるのが
Van Halenの「Right Here, Right Now」と
B'zの「Monster」だけですね。


今欲しいのがさっきの以外に

Whitesnake:Live In The Still Of The Night
Journey:Live In The Houston

ですね。

前者は2004年の映像でして、
かなり高画質の作品みたいです。

選曲もほぼ代表曲を網羅してるし。

早くBad Boysを聴きたい


後者は絶頂期Journeyの作品ですね。
「Escape」ツアーのやつです。

スティーブの声も絶好調で、
かなり楽しめます。




そうそう、
昨日ですが
ドラムのソフト音源「EZ drummer」を注文しました。

これでもっと宅録を勉強したいな。

まぁこれについては商品が届き次第ということで。


お楽しみに







音楽履歴書

さて、外部ブログは初めてです。
何から書こうかって思ったけど思いつかないww

という事で...

自己紹介も兼ねて僕の音楽遍歴でも書きましょうかね


そもそものきっかけは父さんのMDプレイヤーです。
面白そうだから聴いてみたのが、
Bay city Rollersの「Saturday Night」ですね。

まぁこの時点で明らかに同年代と話しが合わなくなりました

その後は父さんのMDを聴いたりして、
しばらくしたら洋楽のコンピを買ったりして過ごしてました。



で、まず最初の事件です。

QUEENと出会いました。

ちょうどその頃、某テレビ局でキム○ク主演の「プ○イド」ってドラマがあって。
その歌にQUEENの曲が多く使われてましてね。

そのおかげでベスト盤が出たんで買ったのがきっかけです。

1曲目が「I was born to love you」だったんですけど...





え?カッコ良くないですか?







てなりました

あんな豪快な曲、今まで聴いた事無かったしね。

他の曲も本当に未体験のカッコ良さで。
特に「Killer Queen」は日本じゃ絶対聴けないww

大学入って最初の軽音ライブでやる曲にもリクエストさせてもらいました。



こうして「ロック」に興味を持ちました。




で、二回目の事件です。

高校生になり、天性の運動音痴の僕がなんと水泳部に入りました。
でもスゴく楽しくて、毎日泳ぎまくってた休日のある日...


帰りがけにCDショップに行きました。

高校に入学する直前に衛星放送で過去の全米No.1の曲を紹介する番組を見てました。

そこで「Jump」が流れてました。
前からしばしばテレビで使われてて良いなーって思ってたけど、
なかなかアーティストの名前まで紹介してくれないんですよ。

でまぁ、ようやくVan Halenっていう人たちが演奏してるっていう情報も得て、

そのCDを探しにきたんですよ。

ちょうどベスト盤が置いてあったんでお小遣いで買いました。

家に帰り、曲順に聞こうって考えて、

1曲目が「Eruption」っていうインストなんだーとか言って再生しました。





え?カッコ良くないですか?








未体験の速さでしたね。

まずギターのインスト自体聴いた事無いし。

で、例のライトハンド奏法のとこですよ。









本当にギターの音なの?







本当に衝撃的で、この曲だけで何十回も聴きなおしたなー。

順々に聴いていったけどかっこいいのばっかり

Jumpとかもうヤバいww

こうして僕はエレキギターに目覚めました。


そこで早速エレキを買ってもらいましたが、

何せ部活が楽しすぎて全然練習せんかったですねw

それより聴くのがこの頃は楽しかった。

Van Halenの後はより古いのを聴きましたね
Deep PurpleとかLed ZeppelinとかAerosmithとかです。

高校卒業して、僕は1年間予備校生活を送ったんですが、

その頃にはよりハードロックを聴くようになりました。

ちょうど聴きたいアルバムがリマスターされて再発されてたんで。


Michael Schenkerも初めて聴いたときは衝撃でしたよ。
エディーとは全く異なるスタイルだけど。
「泣きのギター」にハマりました

また、JourneyとかTOTOとか
いわゆる「産業ロック」にもかなりどっぷり浸りましたねー。



で、念願の大学入学。

音響設計学科のみんなはやっぱり何かがおかしかった


でもやっぱり古めのハードロック聴く人ってなかなか居なくてですね

でもまぁ軽音楽部に入ったし、
よし、ギター練習するぞーってなったので、

相変わらず聴いてます。

お金も結構自由に使えるようになり、
高校のときに手が出なかったアルバムも聴いてますね。



まぁこんな感じですかね。



生まれて初めてのめり込んだのが水泳とギターですね。

特にあのEruptionの衝撃は昨日のように覚えてますよ。


だって僕が聴いた時点から30年も前のアルバムですよ?

30年後の未来の外国の高校生に「カッコいい」って思わせる。


名作ってそうですよね。時代を選びません。

あと初めてVan Halenの「叶わぬ賭け」をコピーできたときは嬉しかったなー。

あこがれの人に一歩近づけたっていうのがね。



こんなかんじのブログってことです

以後、どうぞよろしくお願いします













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。