スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下半期

2012年も後半戦に入ってしまいました。
7月は前期の締めくくりって感じです。

卒論の前期分のまとめを提出したり、
大学院入試の願書を提出したり...

締め切り厳守のものはこんな感じですね。

卒論は前期に一回実験やっちゃいます。
そろそろ被験者を集めてやる予定でございます。

予定はまだ完全ではないですけど、早く実験したいぜ!


それから、公害防止管理者の試験を受けることを決心しました。
試験は10月の始め。

テキスト買ったけど、分量の多さに圧倒されています 笑

特に法律関係を覚えきれるかどうか...


目標としては大学院を卒業するまでに取りたいと思っていますけど、
勢いのある今の内に取ってしまおうとたくらんでいます。


明後日は研究室のプチ発表をします。
統計のお勉強の成果を見せてきます。


こんな感じで、相変わらず仕事に事欠かない生活が続きますね。

バイトも始まっちゃいます。稼ぎますゼ~


それからそれから。
Van Halenの来日コンサートのチケットを予約しました!

これはもう勢いです、はい。行くしかないです。
11月27日の東京ドーム。
今から楽しみ過ぎますね^^


Van halen/Hot For Teacher

てことでこの曲を。
ドラムの勢いがハンパじゃないです。
最初聴いたとき、バスドラムが速過ぎて「?」ってなりました。

しかしまぁギターがカッコ良過ぎっす。
一回だけ最初のタッピングを真似てみたけど、さっぱり出来ませんでした 笑

自分でオリジナル曲作ったりはしません 笑
憧れのプレーヤーをコピーする方がずっとやる気出ます。

最近怠け気味なので、改めて彼らの曲のコピーでも頑張ります。


それでは(^ω^)


スポンサーサイト

梅雨

いよいよ梅雨になりそうですね。
梅雨入りって言われてしばらくは晴れが続いたけど。


土日はアルバイトでした。

大橋キャンパスで行われた学会のスタッフとして参加しました。
といっても、お茶の用意とか会場設営とか、そういう軽いヤツです。

所属する研究室の先輩方も発表されていました。

質疑応答タイムでの容赦ない指摘。
輪講のヤツなんて軽いと思わせるくらい、エグイものも...

論文や報告書を書くようになったらこんなことになるのかと思い知らされました。


とはいえ、色んな人の発表を見たり学会誌を見たり...
面白い発見なんかもありました。

あとはアルバイト代 笑
頂いたら早速銀行へ行かなきゃ。


んで、全ての片付けが終わって家に帰ってApple Storeへ。

欲しいと思っているMacBook Proの15インチをチェックしにいきました。


いやー、凄いですね。動作がサクサク。
今のが遅いからっていうのもありますけど、それにしても速い。

次に、新しい「Retinaディスプレイ」もチェック。
まぁ買えないので、見るだけですけど。

何か綺麗な画面だな~って感じで眺めてました。

自分にはオーバースペックなのでw

そんな楽しい日曜日の夕方でした。


夜はこのCDを堪能しました。

P1020027_convert_20120618000923.jpg




明日から一週間が始まりますね。
いきなり部屋干しになりそうです。


Hall & Oates/Some Things Are Better Left Unsaid


買ったCDの内の一曲です。
Hall&Oatesの「Big Bam Boom」というアルバムから。

とにかくミックスが凄いのです。
こういう演出をやってみたい。

「ミックスじゃないと出来ない」って事に興味がありまして。

イントロと中間部分は特に激しい処理がされています。圧巻。
空間を「フレーズ」ではなく、「響き」で埋めてあげているという。

ドラムとか現実ではあり得ませんから、あんな音 笑

パソコンでのミックスでさえ複雑に感じる処理を、
アナログによってここまで行うのは想像がつきません。
個人的に、見事としか言えないです。


研究室で、お昼休みにまたじっくりと聴いときます。

それでは。


欲しいもの

2012年も前半が終わろうとしていますね。

5月は輪講とアルバイトに8割くらいの時間が費やされました 笑

輪講は結局、論文の読み込み不足な所があったり、
時間がそれなりに有ったわりには...みたいな結果となりましたけど。


アルバイトはなかなかしんどかった、スケジュール的に。
お仕事の内容は別に難しくないのが救い。

欲しいものができたので頑張ってみました、ハイ。


何といっても...
・MacBook Proの15インチ
・RME Fireface 800
この二つがどうしても欲しくなったからです。

今使っているMacBookがそろそろ動作が遅く始めました 笑
もう4年目です。

ある時は学校で資料作り。
ある時は家でネット&音楽鑑賞。
またあるときは録音&ミキシング。

少なくとも音楽系を切り離して、よりハイスペックな環境で作業をしたいと考えるようになりました。

また、この機会にインターフェイスも!と考えまして。

Fireface 800はFirewireの接続ですが、
手持ちのMacBookはUSBしか対応していないという...

長期戦になりそうですが、大学院に入学する前には手に入れることを目標にしています。


別にプロエンジニアを目指しているわけではないですけどね。
「もの凄く興味がある」という理由一つでございます。

まぁ一回くらいは「バイト頑張って○○買ったぜ~」みたいな事もあって良いかと思ったし 笑


研究室の休憩時間に商品のサイトを見て買った後の事を想像してニヤニヤしてます。


MATLABの勉強が始まりました。
まだほとんど分かりません。

マサラタウンでうろうろしている段階です。


Whitney Houston/I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me)

今月号のサンレコに載っていたので。
この曲を初めて聴いたのが中学の時でした。
こんな力強い歌声をした女の人は初めてでした。

録音もサクっと終わったみたい。
自由に歌ってもらったらこんな感じになったとか。

バンドものの録音だけじゃなく、歌だけの録音にもチャレンジしてみたいっす。


帰って来たよ

お久しぶりです。
一時期飽きて放置しておりました 笑

mixiが過疎化していることもあり、
むしろこっちの方が良いかなと思ったので書いてみますね。


GW中に帰省したんですけど、
そこでDVDレコーダーと液晶テレビを貰いました。

亡くなった祖父の遺品整理という名目で、使えるものは使っておこうと。

それまでテレビはMacBookで見ていました。
その間は動作がもう遅いのなんの!

しかし、これでパソコンに負荷をかけずに済みます☆


今週の木曜は輪講の発表リハが控えております。
リハではありますが、やっぱり人前で説明というのは緊張します。
今日先生に途中まで作った資料見せたけど、添削されまくりました 笑
リハまでに修正せんと...


そういえばバンド組みました。
K-onライブにてハードロックを演奏するために。
今回はVan Halenです。

ただごとではありません。

このバンドをコピーしたいがために、
ギターを初めてK-onに入ったのですから。


まぁ一時期は正直あんまり乗り気ではありませんでしたが、
やはりK-onにはあまりにもHR/HM系が少ないと思いましてね。(特に昔のヤツ)

4年生やし、もう正直周りの評判とかどうでもよくなりましたし、
好きにやっちゃおうかと思ったので結成した次第です。


いつお披露目かは分かりませんけど、
こういうのは決めたらパッとやるのが一番!笑
頑張りまっせ~


てことで、
研究室生活の潤いはギターと海外ドラマ鑑賞となっております。
今一番欲しいのはコーヒーメーカー。

お金貯めなきゃね^^


Mariah Carey「Hero」

最近ハマっている曲です。
1990年代始め(93年だったかな?)ということで、音は結構響いています。
どこで叩いてるの?っていうドラムとか。
歌詞もいかにもアメリカンな内容になっているんですけど、
全体の音作りとか曲調が大好きなのでリピートして聴いています。

ロックとはまた違う「歌い上げる」雰囲気が味わえるので好きですね。





お久しぶりです

お久しぶりです 笑

地獄のような大学3年前期を無事に終え、今は実家に帰省中です。
いやはや、そのおかげでこっちのブログまで手が回らず...

ということで、今やってる音楽的なことをちょろちょろ書きます。

mixiの日記より詳しくねw


まぁ言っても相変わらずギターとミキシングですけど。

ギターは最近、ファイナルファンタジーとAerosmithです。

軽音楽部の定期ライブに出演予定でして。

ゲーム音楽は二回目です。
一回目はかなりヒドい演奏になってしまいましたのでw
リベンジということです、はい。


Aerosmithは初めてのハードロックのコピーバンドです。

これは正直、かなり嬉しいです。

入部してからずっとハードロックのコピーをやりたいと思ってて、
2年半かかりましたがその念願が叶うというわけです^^

演奏曲も決まり、今は皆で合わせられるように練習したりしてます。



ミキシングは友人のバンドの録音音源で練習しています。

先日、そのバンドがレコ発でツアーを開始しておりましてですね。

その発売中のCDの「海賊版」みたいなのを作ろうとしてます 笑

裏音源とでも言うものですね。


僕が受けたその曲の印象をミキシングで表現出来たらなーって思いまして。

とりあえず今はエフェクトまでかけ終わり、これからマスタリングしたいと思ってます。


その中でやっぱり空間系エフェクトの使い方は本当に難しいです!

使い方で楽曲全体の雰囲気が決まっちゃうと感じてきました。

全体をなじませたり、目立たせたり、スタジオの空気を再現したり...


今は自分が良く聞く音楽を参考にしてます。


その中でもやはり80年代から90年代始めの音楽は派手にかかってるなーって 笑
自分でやるうちにより一層思いました。

でもちゃんと馴染んでるんです、しっかり。
変に浮く事無く、音がぼやけることもなく。

さすがプロ!


派手な音でも質素な音でも、
その曲が輝いて聴こえればそれで良いかなーって。


もうちょっと頑張って仕上げようと思います^^


Bryan Adams/Run To You

Sound&Recording誌に「Classic Tracks」というコーナーがあります。
昔の曲がどんな風に録音され、編集されたか。
そのエピソードが掲載されてます。

この曲もその一曲です。
エンジニアはあのボブ・クリアマウンテンです。
80年代サウンドを作った方です。

使用したマイクとかはいわゆる定番マイクらしいのですが、
マイクのセッティングとミキシングでここまで驚異的な音に磨かれてます。

80年代の音は「イジリ過ぎ」っていう批判とかあるらしいのです。

元の音と全く違う音になってるっていう。

楽曲が良いのはもちろんですけど、
それを劇的に演出するかしないか...

考えさせられますよね。




てことで今日はこの辺で!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。